Posts Tagged ‘Comics’

漫画のテンポとコマふり


原稿が進まないので、拙作漫画のネームについてダラダラと語ります。
比較的評価されているテンポとコマ振りについてです。
あくまで、わたし個人に限った話です。
備忘録的メモを踏まえて書いていきます。

【テンポについて】
これは幼いころギャグ漫画ばかり読んできた集大成だと思っています。
フリがあれば必ずオチが来る、ボケがあればツッコミが来る…というものが叩き込まれているのです。
幼少期(6歳から10歳くらいまで)愛読していた漫画は『あさりちゃん』『らんま1/2』『うる星やつら』、いきなり飛んで父からパクった『風の谷のナウシカ』、学校の図書室にあったバンド・デシネ『タンタンの冒険』、ピアノ教室では待ち時間に『じゃりン子チエ』をひたすら読んでいました。
その代わりに『りぼん』を代表とする少女漫画は全く読めないタイプでした。
内容が頭に入ってこない、理解出来ないのが主な理由です。これは後に書くコマ振りにも続きます。
(例外的に『こいつら100%伝説』は除く)
特に9歳の頃は、先に適当なコマを振って無理矢理キャラとセリフを入れて漫画を描くという荒業をよくやっていました。
フリやボケを描いて、無理矢理オチとツッコミを入れます。
テーマや中身は何もありませんが、それだけでどうにかなりました。
この荒業は今でも出来なくもないのですが、進んでやりたいとは思いません。

【コマ振りについて】
少年、少女漫画にる立ちコマ、少女漫画にある花の背景は、わたしはあまり好みません。
理由は先の内容が頭に入ってこない、理解出来ないからです。
テレビアニメっ子だったため、映像ありきで少女漫画にあるような、いきなり背景が変わる心理描写に頭がついていけないからです。
心理描写が理解できるようになるのは、11歳から12歳ぐらいからだったような。
『ママレード・ボーイ』や『天使なんかじゃない』は頭に入らないけど『ナウシカ』や『タンタン』、『じゃりン子チエ』は理解できる幼児だったので、その流れのまま大人になりました。
幼少期の自分が理解出来るコマ振りになっています。
少女漫画は読めないけど青年漫画やバンド・デシネを読める幼児だったので、仕方がない。
少年漫画にもあまり触れる機会が無かったので、見せ場のカッコイイカットは描けません。
というか、カメラワークが解っていません。
淡々とチンタラしている作風はそれが原因です。
しかも大ゴマでやたら描き込んで誤魔化す手法を覚えたので、尚更タチが悪い。

とまあ、まとまっているだがいないんだかわからないハシリメモですが、今度更新するときはもっとマトモな進捗状況を書きたいもんです。

今年中に完結させたい。


北海道COMITIA14は中止で15は来年の6月に延期となりました。
イベント合わせで原稿を描いている訳ではないのですが、なんというか〆切を設けるケツ叩きになるきっかけが無くなるので、ダラダラ進まないような気がします。
完結編『續々・潮風よ、縁があったらまた逢おう』。
完結編は物語が長丁場になるだろうと想定して、52ページ設定を60ページ設定に変更しました。
設定を変更するのはただデータファイルを変更するだけなので、いくらでも出来ます。
問題はきちんと話を落とせるか、です。
うーむ。
……。
正直、たいしてアタマよくない癖に、なんでこんな難しい話を作ったんだ。
と、過去の自分を呪っています。
そして。
アンソロジーの通販やっています。
https://snacktribe.booth.pm/items/3022466
それぞれの作家性全開の楽しい一冊となっております。
是非。

チホウと記憶の臨界点 『方言と記憶喪失』アンソロジー


『方言と記憶喪失』アンソロジー 「チホウと記憶の臨界点」という本を作りました。
主催の体調不良、コロナ渦によるイベント中止、またもや主催の自己都合による引っ越し、またコロナ渦で印刷所がアレやコレで……と予定より大幅に刊行が遅れている次第です。
北海道COMITIA14開催予定日である2021年6月12日刊行です。
こんなご時世なのでイベントが中止になりましたら、わたくしのBOOTHで先行通販いたします。
そして、執筆陣とわたしの独断と偏見によるコピー文を添えて作品をご紹介したいと思います。(敬語略


繊細なタッチで描いた記憶喪失の少年と一人の少女のガールミーツボーイ
『消えないモノ』著:朔ナチ子 (漫画)


創作とエロスの狭間でもがく官能小説家の男の苦悩
『方言と記憶喪失 人魚姫の心臓』著:星宮ますみ (小説)


身元不明の記憶喪失の男の影で謎の事件が起こる奇妙なモダンホラー
『曖昧な存在』著:裕樹 (漫画)


名も知らぬ『僕』が『山本くん』に宛てた言語と音に関する幻想譚
『天使が埋め尽くす』著:荒木田真穂 (小説)


ダメな大人三人のダメな日常不条理ギャグコメディ
『純正ロマンチスト』著:嶋村史緒 (漫画/主催)

表紙・装丁:ツネぎく

「方言」もしくは「記憶喪失」、或いは両方を題材に、各参加者様は自由に表現して下さいました。
全70ページです。
なかなか愉快な本だと思います。