Posts Tagged ‘CLIP STUDIO PAINT EX’

ぬらぬらに喧嘩売って無能の人に叱られたログ


年賀状イラストの背景用に描いた、嘘っこ富嶽三十六景 神奈川沖浪裏。
舟と富士山は人物で潰れてしまうので割愛しました。
割愛した箇所は、つまり自分の線で描かなきゃならんということです。
鉄棒ぬらぬら爺さん(一般的には葛飾北斎と呼ばれている人)の線に敬意と殺意を覚えました。
自分がぬらぬらだったら、どんな線を描くだろう?と考えながら試行錯誤しました。

漫画本編では描き切れない主人公・朝比奈要祐のオフショットらくがき。
いかにもな古典的カープファンです。
彼の場合、大抵の嫌なことはカープの試合でどうとでも解決します。
平和な人じゃのぅ。

つげ義春せんせいの『無能の人』を読んでいます。
竹中直人監督主演映画の原作のアレです。
映画は未だ観ていませんが、基本つげせんせいの漫画は冴えなくてダメな売れない漫画家が出てくるので、読んでいて結構メンタルがハードパンチされるのです。
いろんな商売に手を出しては失敗して、多摩川の石を売り出す売れない漫画家の奥さんの叫びが堪えました。個人的に。

「私には分かってんのよ BASEだって SUZURIだって あんた本気でやんなかったじゃないの」
「あんたにはマンガしかないのよ」
「ね マンガかいてよ 注文がなくてもいいじゃない」
「マンガかいてよ」
「あんたのバカァ」
「バカ~~~~~~」

(一部、史緒個人の単語に変換されています)

ほぼ同じことをリアルで知人に言われたわ……。

ぬらぬらに喧嘩売っていないで、さっさと漫画を描けってことで昨夜から真面目にネームを切り始めました。
ネームさえ出来ればひたすら作画なので、作画作業に入ればこっちのものです。
基本、作画作業中は無我の境地に入っています。

やっぱり無我の境地で描いていた、自家製卓上カレンダー用イラストのラフ。
慣れないGペンツールで試行錯誤です。
それにしてもわたしの線画は本当にキチャナイですな。

近況


全然、原稿が進みません。

漫画のテンポとコマふり


原稿が進まないので、拙作漫画のネームについてダラダラと語ります。
比較的評価されているテンポとコマ振りについてです。
あくまで、わたし個人に限った話です。
備忘録的メモを踏まえて書いていきます。

【テンポについて】
これは幼いころギャグ漫画ばかり読んできた集大成だと思っています。
フリがあれば必ずオチが来る、ボケがあればツッコミが来る…というものが叩き込まれているのです。
幼少期(6歳から10歳くらいまで)愛読していた漫画は『あさりちゃん』『らんま1/2』『うる星やつら』、いきなり飛んで父からパクった『風の谷のナウシカ』、学校の図書室にあったバンド・デシネ『タンタンの冒険』、ピアノ教室では待ち時間に『じゃりン子チエ』をひたすら読んでいました。
その代わりに『りぼん』を代表とする少女漫画は全く読めないタイプでした。
内容が頭に入ってこない、理解出来ないのが主な理由です。これは後に書くコマ振りにも続きます。
(例外的に『こいつら100%伝説』は除く)
特に9歳の頃は、先に適当なコマを振って無理矢理キャラとセリフを入れて漫画を描くという荒業をよくやっていました。
フリやボケを描いて、無理矢理オチとツッコミを入れます。
テーマや中身は何もありませんが、それだけでどうにかなりました。
この荒業は今でも出来なくもないのですが、進んでやりたいとは思いません。

【コマ振りについて】
少年、少女漫画にる立ちコマ、少女漫画にある花の背景は、わたしはあまり好みません。
理由は先の内容が頭に入ってこない、理解出来ないからです。
テレビアニメっ子だったため、映像ありきで少女漫画にあるような、いきなり背景が変わる心理描写に頭がついていけないからです。
心理描写が理解できるようになるのは、11歳から12歳ぐらいからだったような。
『ママレード・ボーイ』や『天使なんかじゃない』は頭に入らないけど『ナウシカ』や『タンタン』、『じゃりン子チエ』は理解できる幼児だったので、その流れのまま大人になりました。
幼少期の自分が理解出来るコマ振りになっています。
少女漫画は読めないけど青年漫画やバンド・デシネを読める幼児だったので、仕方がない。
少年漫画にもあまり触れる機会が無かったので、見せ場のカッコイイカットは描けません。
というか、カメラワークが解っていません。
淡々とチンタラしている作風はそれが原因です。
しかも大ゴマでやたら描き込んで誤魔化す手法を覚えたので、尚更タチが悪い。

とまあ、まとまっているだがいないんだかわからないハシリメモですが、今度更新するときはもっとマトモな進捗状況を書きたいもんです。