Posts Tagged ‘PhotoshopCS5’

あの日あのころ


↑1997年とある女子校5年5組(高校二年)の体育の自由時間の光景。

ここ一年近くずっと中学高校時代の旧友の夢を見ます。
つーか、恵子くーん、貴女はいまいずこ~。ワタシだよ~キョンキョンですよ~

とまあ、置いておいて、本人達はバレエのつもりがカンフーにしか見えないっていう。
一応進学校なので、彼女達の偏差値は60後半だったと思います。70は近い。
わたしは40行くか行かないかでしたどね~ハッハー。
特に左の彼女はわたしに対する前科……じゃない。思い出が多すぎます。
卒業式の日、わたしが耳打ちで話しかけたら
「何!?野村さんのパンツ!?」
と返しやがって、6年間の女子校生活の思い出が全てそれに集約されてしまいました。
とりあえずな、わたしと全国の野村さんにあやまれ。

右の彼女は、よく席が近かったのか居眠り常習犯のわたし(これだから偏差値が低かった)によく椅子を蹴っていたり、消しゴムを投げてきたりして起こしてくれましたねぇ……。
寝かしてくれよ。

過去に浸るのはこの辺にして、現在の状況。
オリジナル漫画のタイトルは「undo」となりました。
その表紙絵の線画。

「進撃」の二次創作『安住の土地』の表紙絵

細かい修正も加えていきます。
まだ脱稿の兆しは見えません。

What do you think of this post?
  • Sucks (0)
  • Boring (0)
  • Useful (0)
  • Interesting (0)
  • Awesome (0)

「たまにはメメント・モリ」

ブリリアントエレン
↑色塗り途中絵

完成した絵をUPさせたかったんですけどね、漫画の原稿を優先していたらなかなか進まない……
と、言い訳にならない言い訳をしてみます。

ブログの放置プレイもいいとろこですね。
お久しぶりです。

何か一枚イラストを完成させてブログを更新させたかったのですが、過去の記事を読み返したら、結構酷いラクガキばかりじゃん。
デッサン力ないね。今のわたしだったらところどころペン入れしたい。
でもSAIでガリガリ描いた線画でもいいか。と開き直ったり。

とりあえず、目標であった進撃の巨人二次創作同人誌を作れました。
漫画執筆に特化したコミックスタジオというソフトで描いたのですが、システムが慣れなくて作画がもう、見ていられません。
作業はどのペイント系ソフトより一番、楽なのですが。
(最新版の漫画製作ソフトのクリップスタジオEXは持っていません)

話は戻って。
進撃の巨人二次創作漫画はミカサを主人公、という当初とは予定の違う作品になりました。
なんか、過去記事みたらSF描くとか言っていましたね。一応10枚のネームは描いたのですが、どうも気に入らなかったようです。
他にも描きたい進撃二次創作ネタがあるのですが、うーむ。
あまり、自分は二次創作は向いていない……かもしれない。
とりあえず、気が済んだので今度は原点の初心に帰って、オリジナル漫画を描きます。
K社のAという雑誌の新人賞に、やっぱりダメモトで投稿させる予定です。
というか、出すのは決まっています。

この記事のタイトルでもある「たまにはメメント・モリ」という漫画です。
昔、突発的にSAIでラクガキした漫画をストーリーを付け加えた感じになりました。
ネームは、A4のコピー用紙と黒のシャーペンでガリガリ描いて、スキャンして、またコミックスタジオで苦戦しています。

「たまにはメメント・モリ」(略して「たまメメ」)が片付いたら、Twitterでも言いましたが、宙ぶらりんになっている創作小説「FASE」を漫画にアレンジして、作品に決着をつけようと思います。
なんだかんだで字媒体よりビジュアル媒体、いや漫画で表現するほうがしっくり来ると、いろいろなジャンルに手を出してようやく理解しました。
遠回りして原点回帰しました。

それと「FASE」は「たまにはメメント・モリ」よりキャラクター設定とプロットがカッチリしているのです。
これは何としてでも形に仕上げたい。

あと、漫画を描いているとキャラクターに愛着が湧きますね。
これは二次創作でもオリジナルでも同じです。
1月の東京壁博8で出した進撃本も描いている時はミカサが大好きになりました。
(※いろいろ切りつめて東京へ弾丸遠征しました)
今は、オリジナルの自分のキャラクターに愛着があります。
キャラクターに愛がないと、漫画は描けませんね。
そして、自分の中で決着がついたら、キャラクターは卒業していきます。

でも、他者の既存キャラクターはそうはいかないのですよね。
エレンが可愛くて可愛くて、こじらせています。
その辺はTwitterで暑苦しく語っております。

長文ですね。今回は。
もう、ラクガキでもいいから線画だけでもいいから、いっぱいSAIでお絵かきしないとだめですね。
ブログは停滞するし、なにより絵がどんどん劣化していく。

ではまた次回。
ああ、ホームページもいい加減ソース文書き換えないと!!

What do you think of this post?
  • Sucks (0)
  • Boring (0)
  • Useful (0)
  • Interesting (0)
  • Awesome (0)

2つの展覧会と「灰色少女の声」

hiyoko

6月からこの8月の頭まで、2つの展覧会を開催しました。

出展者自慢の本と肖像写真を飾る『初夏×書架』。
魅せたい!着せたい!自慢したい!Tシャツを展示する『Tラボ』。

ぶっちゃけ忙しかったです。
これだけ短周期で展覧会を連チャンするのは珍しいです。

二つとも短期間の展覧会で片や本、片やTシャツと搬入搬出が比較的楽でした。
『Tラボ』については、そもそもの言いだしっぺがわたしなので、いろいろコンセプトを考えたりあれこれしましたが、
いつも通り、大したことしていません(爆)
これも賛同して下さったメンバーのおかげです。
この場でお礼申し上げます。

あとTwitterで密かにファンの「メンヘラ少女」(https://twitter.com/menherashoujo)が
『灰色少女の声』というイラストブックになりました。
わーい。
可愛くも悲しげなメンヘラ少女が誰もが一度は思う「負の想い」を綴っています。
オススメとまでは言いませんが、かなりお気に入りの一冊です。
もしかしたら、もっと早く出版していたら『初夏×書架』にも出展していたかもしれません。

今後の予定とししては、マンガ執筆活動に専念します。
今現在ネーム作業でA4コピー用紙で手書きで描いていますが、作画ペン入れ、仕上げはコミックスタジオでやります。
ペンタブがブーたれないことを祈ります。

今回はこんなところで、また何かしら絵を描いたら更新します。

What do you think of this post?
  • Sucks (0)
  • Boring (0)
  • Useful (0)
  • Interesting (0)
  • Awesome (0)