『赤色エレジー』買いました。


↑ペン入れ状態

林静一『赤色エレジー』を買いました。
NUMBR GARLの『IGGY POP FANCLUB』の歌詞のおかげで、最近まで
あかいろえれじー
と読んでいました。正しくは
せきしょくえれじー
です。
小梅ちゃんのパッケージイラスト描いている人が70~71年ガロで連載していた漫画です。

感想は後日に追記で書きます。

向井秀徳もわたしも『赤色エレジー』リアルタイム世代ではありません。

貧乏アニメーターが漫画描きながら、同棲している美女・幸子との青春……。
うらやましいぜ。
わたしも貧乏だけど、イケメンの健気に応援してくれる男の子が傍にいてくれたら……

おるわけないやん、そんなやつ。

以下、『赤色エレジー』の感想です。
漫画表現技法云々は、ここでは語りません。

70年代の同棲モノということで、よく音楽で還暦近くのオッサンがフォークソングで
「あの時代は貧しかったけど、ささやかな幸せもあった……」
みたいな、往生際悪く現代を否定してノスタルジーに浸るイメージでした。

すみません、ナメてました。

カウンター・カルチャーとか、全共闘運動とかそういう70年代の世相を抜きにして、

漫画描きたいけど、周囲にまったく相手にされない主人公に共感。
というか、一郎、お前、横に幸子がいただけでまだマシだ。

貧乏漫画家志望の苦悩に関しては、つげ義春『別離』も言える題材なんですが。

なんだか70年代初頭って、2010年代と微妙に似ている気がしました。
若者の貧困、過労死。いじめ、自殺。いろいろ。
とにかく生き辛い。
90年代から2000年代は
「不況」「失われた10年」「リーマンショック」
なんか、あまり明るい世相が無かった気がする。

80年代バブル期の
「なんとなくクリスタル」だの「ジャパン アズ ナンバーワン」
は何だったやねん?

ラストの「明日になればきっと…」と未来に希望を託しているだけ、『別離』と違って後味は
まだマシ
でした。

けど、未来に希望を託し過ぎて、現実逃避するのも如何のものかと。
ハイ、今のわたしの原稿進捗です。

What do you think of this post?
  • Sucks (0)
  • Boring (0)
  • Useful (0)
  • Interesting (0)
  • Awesome (0)
You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!:

Sorry, no posts matched your criteria.